2019年01月14日

TOKYO AUTO SALON 2019

昨日まで幕張メッセで開催されていた「TOKYO AUTO SALON 2019」に行って参りました。

若者に車離れが叫ばれている昨今…というか全体的に昔ほど車に対して興味がなくなっているのではないでしょうか。
国産は大多数が家電みたいなもんですしね(言っちゃったあせあせ(飛び散る汗)

それでも…オートサロンには攻めたモータージャンキーが集結していましたよ。

IMGP1781 改_R.jpg
埼玉自動車大学校はユニークなカスタムカーを色々出品されてましたね。
個人的には初音ミクAMG押し。

IMGP1791_R.JPG
え?車の走行状態に合わせて初音ミクが喋ってくれるアプリですか?
もうそういう時代なんですね~
S660って初めて間近で見ましたがキュッとした感じがカッコいいですね。
ホンダは四輪は好きです。

IMGP1846_R.JPG
でもホントにいいなと思うのはこういう車。
美しいボディに野獣のようなエクゾーストノート、シックでスパルタンな内装…うっとり。

IMGP1849 改_R.jpg
コンパニオンさんもカジュアル且つ高級。
笑顔のコンパニオンさんが大多数な中、このクールさは印象に残る。
アストンマーチンって異端ですね。

IMGP1883_R.JPG

IMGP1802_R.JPG
チャクリキDANPERでお馴染みの326POWERさん。
半端ないスタンスっぷりあせあせ(飛び散る汗)
こういうザ・改造車はこれからも頑張って欲しいです。

IMGP1933改_R.jpg
今や世界的知名度のリバティーウォークさん。
車高短、オーバーフェンダーを高い次元で昇華し今やセレブ御用達でしょうか。


なんか車業界の方ってバイク業界の方よりノリがハイテンションだよね?w


IMGP1840_R改.jpg

IMGP1806 改_R.jpg

IMGP1818_R 改.jpg
今回はカメラ小僧に正式加入した実感がありましたねw

最近ようやく外付けストロボの使い方が分かってきた…まぁ性能の3分の1も使えてないですが。
これからまた実地訓練していきます。


あ、こちらを読んで下さっている方の中でカメラ好きの方がいらっしゃいましたら、お気軽に絡んで欲しいです!
未だ初心者を脱却していませんがよろしくお願い致します。


株式会社オズアート
続きを読む
posted by Ryosuke Okabe at 11:37| Comment(0) | MOTOR PHYCHO

2018年01月14日

東京オートサロン2018

昨日のお話となりますが幕張メッセで開催されていたイベント「東京オートサロン2018」に行って参りました。

過去に一回行ったことがあるだけですが、個人的には東京モーターショーより好みの祭典です。
全体.JPG
階段上より全体を撮影しましたが、これだけで派手な車が目白押しなのがわかると思いますw

ウラカン.JPG
ランボルギーニ・ウラカンはライムグリーンが似合います。
ここはROHANAというホイールメーカーのブースです。
とにかくゴージャスなイメージを打ち出したメーカーでこのような方も!↓
ROHANA GAL.JPG
やはりブロンドの方はインパクトあります。

チャレンジャー1.JPG
チャレンジャー2.JPG
チャレンジャー3.JPG
個人的に大好きなダッジ・チャレンジャーも多数出展されていましたが、こちらのものが特に惹かれました。
チャレンジャーはいつか欲しいですね。
かっての名車を現代の基準で蘇らせる手法はアメリカ車は成功していると思います。
国産もこういうコンセプトで作らないですかね〜バイクは最近Z1イメージのZ900RSが発売され
予約完売と聞いています。
車離れが叫ばれていますが、それでもカッコいいものは売れますので!

ベントレー.JPG
妖しさ満点のベントレー。
カラーはラッピングでしょうかね?

スワロ.JPG
凄まじい手間であったであろうランボルギーニw
眩しいです!

街道レーサー1.JPG
街道レーサー2.JPG
街道レーサーが出展してくるのがオートサロンの面白いところでもあると思います。
俗にいう竹やり、出っ歯のクレスタです!
自分が乗るとは思いませんが、嫌いじゃないですw

ラフヴェルト コンパニオン.JPG
可愛い彼女達が乗っているのは…。
ラフヴェルト3.JPG
ラフ・ヴェルト ベグリッフのポルシェではありませんか!
ラフヴェルト2.JPG

ラフヴェルト1.JPG
今や世界に羽ばたいている日本発のチューナーです。
個人的にポルシェはあまり興味がなかったのですが、ここのポルシェを見てポルシェもいいなぁなんて思ってしまいました。

世界に羽ばたくといえば…こちらも出展しておりました。
マセラティ.JPG
街道レーサーの専売特許、ビス留めオーバーフェンダーでハイエンドカーをぶった切るリバティウォークさんです。
因みにこちらはマセラティあせあせ(飛び散る汗)リバティウォーク ブース.JPG

リバティウォーク.JPG
なんと名車中の名車、ランボルギーニ・ミウラです!
超絶に低い車高がインパクトあり過ぎです。
タイヤが見事にハの字をきっていますw
得てしてカスタムカーは売却する際の査定額が落ちるなんていいますが、こちらでチューンしたものは価値が
上がるでしょうね。

外野から色々ブーイングがあったかと思いますが、徹底的にやり切ったことでブランドになりました。
時にはそういう事も必要なのでしょう。考えさせられます。

R8.JPG
アウディは以前より惹かれないメーカーであったのですが、TTクーペを出した辺りからのアウディは突き抜けていると思います!
詳細は知りませんが社内で何か変革があったのでしょうか。
こちらのR8なんてスマートでありながら、野獣の香りがします。

…なんか撮影する車種に大いに偏りがある気がしますがwこの辺にしておきましょうか。
買える買えないは別として私は車には夢を見たいのです。
上にあげたような生活感のない車、買えるようにお仕事頑張ります。

明日から連休などもなく通常通りの業務進行になりますかね。
弊社も徐々に大型物件のご相談をいただいております。
お客様全員にご満足いただける製品を制作していくべく社をあげて頑張っていきます。
弊社が「ブランド」になるように。


aym.JPG
それでは!

株式会社オズアート
http://www.oz-art.co.jp/
posted by Ryosuke Okabe at 19:10| Comment(0) | MOTOR PHYCHO