2018年06月09日

東京おもちゃショー2018

今日はいい天気になりましたね!

本日から一般公開となっておりますイベント「東京おもちゃショー2018」のBUYER′S DAYに行って参りましたので
軽くレポートさせていただきます。


おもちゃショーは毎年BUYER′S DAYに見に行っております。
一般公開日はお客様が沢山いらっしゃるようですから、写真が撮れないと思いましてあせあせ(飛び散る汗)

アンパンマン バイキンマン ドキンちゃん.JPG アンパンマン1.JPG


アンパンマン2.JPG アンパンマン3.JPG
あちこちでアンパンマンが出迎えてくれました!
声が聞こえてくるような、親しみが沸くポーズですね。


クラッピー1.JPG クラッピー2.JPG
これはウケましたw
拍手をしながらひたすらしゃべってます。
これは…家庭用ではない? まぁうちにあってもハッピーかもw

お客さん.JPG
なにしろBUYER′S DAYです。
業界の方々が沢山来場されているのでビッグクラッピーも注目度高かったです。


シルバニア1.JPG シルバニア2.JPG
世代を超えて愛されている名キャラクター、シルバニアファミリーです!
エポック社のオリジナルキャラクターでありますが、他の追従を許さない精度の高い玩具であります。
個人的にシルバニアファミリーは一目置いています。
アニメ作品などから派生したものではないため、流行り廃りとは無縁です。
淡々と精度を上げ、固定ファンに訴える姿勢はリスペクトです。


スライム サイン.JPG
最近の鬼太郎はスタイリッシュなんですねw
墓場感が薄いです。


スライム ねずみ男.JPG スライム ゲゲゲハウス.JPG
最近子供たちの間であの「スライム」が流行っているとか?
なんでも自分達でハンドメイドしているらしいのです。

私が子供の頃はバケツを模した容器に入っていてエスカレートしたヴァージョンでは蠅、指などが入ったグロいものもありました。

今どきの子供さんはそんなグロいものでは遊ばず、鬼太郎と爽やかにwコラボです。
スライム…不思議なものですね。、なんで今リバイバル?w
デジタルコンテンツだけでは物足りない何かがここにある気がします。

ハロ1.JPG ハロアップ.JPG
ガンダム世代には堪らない!
激闘の戦場を生き残った癒し系ロボ、ハロがこの世に誕生しました!
私の世代が飛びつきそうですw 
…というか最近私の世代に向けているような玩具が目立ってませんか?


ゾイド1.JPG  ゾイド2.JPG
ゾイドも歴史ありますね〜
いつからあるのでしょうか?変わらぬリリースには頭が下がります…が個人的には興味はないんですw



聖闘士星矢 1.JPG 聖闘士星矢 2.JPG
おお聖闘士星矢!
連載開始当時から知っております…がこちらも私は興味はないんですw
ただ仕事柄造形物として見てしまうのです。
銀鏡塗装でしょうか?銀鏡塗装は下地が気を遣うんです。
いい出来だと思いましたね。


木のおうち.JPG
癒し系にして、孤高の存在である「木のおうち」です。
こちらシルバニアファミリーと同様、独自の世界観を築きあげ世代を超えて愛されています。
基本的にリリース当初と構造も変わっていない様子です。

やっぱり小さいお子さんは直接手で触って遊びたいですよね。


だいぶ写真に偏りはありますが以上となります。

私は玩具を制作することを生業にしているわけではありませんが、その時の玩具のトレンドを見れば業界の次が見えてくる気がするのです。

これからもおもちゃショーには足を運んでいきたいと思います。


弊社の業務の方は夏オープンするイベント、施設に向けての制作物が詰まって来ております。
梅雨入りし、体調を崩しやすい季節ではありますがスタッフ一同頑張って参ります!


株式会社オズアート
posted by Ryosuke Okabe at 12:10| Comment(0) | イベント

2018年05月04日

15周年アニバーサリー展 リラックマタウンへようこそ

ゴールデンウィークに突入致しました。
旅行、帰省などで外出されている方が多いかと思います。

私は特に遠出の予定はないですね。

しかしイベント参戦は欠かせません。
先日は池袋西武別館ギャラリーにて開催中の「15周年アニバーサリー展 リラックマタウンへようこそ」へ行って参りました!

もう15周年ですか!

入口.JPG
暗いw
カメラの設定を誤りましたあせあせ(飛び散る汗)

GW中とはいえ平日に行ったのですが、なかなかの動員でした。
今日なんかは凄い動員ではないでしょうか。

衣装リラックマ3体.JPG 衣装リラックマ3体1.JPG
入ってすぐにリラックマ、コリラックマ、キイロイトリがお出迎えです。

衣装リラックマ.JPG 衣装コリラックマ.JPG 
衣装キイロイトリ.JPG
可愛い衣装を着ていますね〜

石造リラックマ全体.JPG

石造リラックマ1.JPG 石造リラックマ トリ達.JPG
ひときわ大きなリラックマが!
頭上にはキイロイトリのように変化したリラックマ、コリラッックマがいます。

今までにない巨大さで会場内でも目立っておりました。

サイン.JPG
所々にあるサインもいい感じです。

コック リラックマ3体.JPG

コック リラックマ.JPG  コック コリラックマ.JPG コック キイロイトリ.JPG

パティシエ?と化したリラックマ、コリラックマ、キイロイトリです。


フラワーショップ全景.JPG
こういう雰囲気の展示は新鮮ですね。
2次元特有の表現が強いリラックマですが、こういう静物との組み合わせも案外違和感ないものですね。

フラワーショックプ リラックマ、キイロイトリ.JPG




お客様1.JPG お客様2.JPG
この日はこのような感じの程よい動員でした…が物販コーナーでは長蛇の列でございましたあせあせ(飛び散る汗)
客層も幅広く、正に大人から子供までという感じでリラックマの人気の程が伺えます。



ブロンズ コリラ キイロイトリ.JPG
石像になったり、ブロンズになったりw



リラックマ展は3周年イベントの頃より足を運んでいますが、開催するたびに斬新なコンセプトで
お客さんの目を楽しませているように思えます。
前回なんかは「和」をテーマにしてましたもんねw


キャラクターが産みだされてはブームになり、やがて終焉を迎え…というパターンが多数となりますがリラックマはもはや
固定ファンが確立された安定のキャラクターと言えるのではないでしょうか。

近い内に3世代でイベントに来場するようになるでしょうね。
関係者様の努力の賜物だと思います。




弊社は今年もカレンダー通りの休日となっております。
休みの期間中に英気を養い、次の仕事に備えたいと思います。


今後ともよろしくお願い致します。


株式会社オズアート
posted by Ryosuke Okabe at 12:29| Comment(0) | イベント

2018年01月10日

DINO−A−LIVE

代表の岡部です。
社長ブログ2回目、今回は私の定番スタイルであるイベントレポートとなります。

先週の日曜日の話となりますが、所沢くすのきホールで開催されておりましたイベント
「DINO-A-LIVE」を見て参りました!
http://www.dino-a-live.jp/

動画で見て興味はあったのですが、中々見る機会に恵まれませんでした。
…がこのたびあるきっかけがあり今回の初見となりました。
入口.JPG
入口付近です。
ご家族で見に来ている方が殆どでしょうか?

恐竜は私の幼少期にブームがあり、弊社先代も恐竜造形を沢山制作しておりました。
それを見ていたせいか私も恐竜展、化石展などよく足を運んだものです。
あの頃の肉食恐竜達は皆「立って」いましたよね。(ゴジラ型)
始まる前.JPG
開演前ですが既にフクイラプトルの骨格模型と撮影する方々で会場内の熱気がジワジワと上がってきている
感じです。
時計.JPG
こちらの時計が鍵となるのです…。
客参加.JPG
ショーは完全に制御されたエンターテイメントとなっており、アクターさん達の息もピッタリです。
ピッタリでないと危ない部分も出てきましたからね。

フクイラプトル1.JPG


出ました!フクイラプトルです。
動きは自由自在です。客席までどんどん入って行ってしまいます。
フクイラプトル2.JPG

フクイラプトルアップ.JPG
この臨場感がこちらのショーの最大の特徴かと思います。
こういってはなんですがどういう構造なの?って感じです。
ステゴサウルス登場.JPG

ステゴサウルスアップ.JPG
ステゴサウルズも出てきました!
トリケラトプスと並び草食系恐竜のヒーロー的存在でしょうか。
ステゴサウルス撮影.JPG
大人しい気性故撮影タイムも難なくこなしますw
この人気!

ティラノサウルスの登場〜そして登場した恐竜全てが雪崩れ込み会場内が更に沸きます。
クライマックス2.JPG
170107-111329000_R.JPG
ティラノサウルスアップ.JPG
大きな頭部に似合わぬ華奢な前肢が恐竜時代の末期を暗示させます。
こいつは滅びの美学を感じる恐竜だと思います。

アロサウルス ステゴサウルス.JPG
クライマックス3.JPG

クライマックス1.JPG

エンディング.JPG
観客も参加でパワーを送り全ての恐竜がそれぞれの時代に戻っていきます。
ここに至るまでのアクターさん達の熱演には痺れました。
やはりプロフェッショナルとは凄い存在です。

一応脚本はお子様向けにはしていますが、大人も十二分に楽しめる一級のものでした。

今までありそうでなかったライブ感溢れる恐竜ショー、皆さんも恐竜達に会いに行ってみませんか?


新年になりこれから恒例の繁忙期を迎えようとしている弊社です。
スタッフ一同安全に留意し、お客様に良いものをお届けできるよう制作していきます。

株式会社オズアート
http://www.oz-art.co.jp/
posted by Ryosuke Okabe at 15:34| Comment(0) | イベント