2018年04月28日

岡山出張

今日はいい天気ですね〜夏の陽気でしょうか。

数日前のお話となりますが岡山の方へ出張に行って参りました。
岡山は通ったことはありますが、岡山市内をきちんと回ったことはなかったですね。

岡山駅ホーム.JPG

今回は打ち合わせと現状チェックが仕事内容となりますので特別な工具等もなく新幹線で向かいました。
1日目で仕事の方は終わりましたので、2日目は観光させていただきました。

桃太郎像 1.JPG 桃太郎像 2.JPG
岡山といえば桃太郎押しです。
鳩が参戦した瞬間を捉えましたw

桃太郎ポスト1.JPG  桃太郎ポスト 2.JPG
こんなポストまであります。


路面電車1.JPG

路面電車2.JPG
岡山市内は路面電車が沢山走っています。
それぞれが違う型、ラッピングで見ていて楽しめるものです。

こんな路面電車に乗って向かったのは岡山城。

岡山城 天守閣.JPG  岡山城 石垣.JPG
特に城マニアでは無かったのですが最近は地方に出向くと城を探しています。
年齢を重ねて良さが分かってきたのでしょうか?

岡山城 広角レンズ.JPG
小ぶりな城なんですが、格子の黒塀に金の刺し色が効いたカッコいい城です。

衣装貸出.JPG
城内にも入れます。
…受付終了、残念w

烏城パフェ.JPG
その名も「お城茶屋」で食した「烏城パフェ」
岡山城はその黒塀から別名「烏城」と言われているのです。

コナンくん(名探偵コナンですよ)が劇中で食した「お城パフェ」はとても大きな感じでしたのでw
こちらにしました。
美味でしたよ〜。

しゃちほこ1.JPG  しゃちほこ2.JPG
城内より鯱を撮影。
鯱の造形って様式美を感じます。

岡山城遠景.JPG

小路.JPG
岡山城の後は後楽園を見たかったのですが、帰る時間もありますので次の目的地へ移動です。
岡山は岡山城の周辺に美術館、博物館などが固まっておりそれらは歩いていける距離です。

竹久夢二.JPG  夢二郷土美術館.JPG
次の目的地はこちらです。

夢二郷土美術館

マルチな才能を持つクリエイター、竹久夢二生誕の地が岡山なのです。
私は竹久夢二の描く憂いのある女性が好きなのです。
あれは夢二の恋人がモチーフになっているのですよね。

館内は撮影禁止となっていますが、夢二の多彩な才能を今に伝える作品が多数展示されておりました。

時間があれば生家なども見たかったのですがこの日帰る必要がありましたのでねー。


鶴ポスト.JPG
岡山駅に戻るバス停近くにあったポスト。
ポストには拘りがあるようですw


噴水.JPG
駅に戻って来ました。
駅前の噴水です。

青春感謝の像1.JPG  青春感謝の像2.JPG
さらば岡山w
最後に駅前にあったバンカラな彫刻、通称「青春感謝の像」に挨拶をして帰路につきました。

帰路の新幹線内でままかり、黄にら、鰆のお寿司を食べながら岡山の余韻を楽しみました。
いやーどれも美味でした!


岡山、もっと遠い場所かと思っていましたが思ったより遠くないですね。
次回はもっとゆっくりしたいところです。


今日は恒例の社内行事、BBQとなります。
なんとか毎年やれてますね〜w

今日は楽しみます!


株式会社オズアート
posted by Ryosuke Okabe at 12:03| Comment(0) | 日記

2018年03月31日

春ですね

夜なんかはまだ寒い日もありますが、冬の寒さではないですね。
私は皮ジャンを着てバイクに乗りますが最近はインナーを抜きましたが快適です。

春といえば桜です。

私はお酒を呑んだりしながらお花見をする習慣はあまりないのですが、桜を見るのは好きなのです。
そんなわけで最近撮影した桜(梅もあり)の写真をいくつか挙げてみます。


東村山駅桜.JPG
これは3月21日に撮影したものでこの日は雪が降った日でした。
雪の降る中の桜というのは珍しい現象かと思いますので上げさせていただきます。
心なしか桜がキュと締まっている印象を受けます。


上藤沢中 桜1.JPG上藤沢中 桜2.JPG
こちらは弊社から歩いていける場所にある見事な桜です。
さくらの名所でなくても桜は日常にあります。
しかしライトアップなどされていませんので夜は鑑賞できません。
(弊社の近隣は夜は暗いのです)


夜桜2.JPG 夜桜1.JPG
とはいうもののライトアップなんかされてなくても桜は撮れます。
三脚なし、ISO感度を上げまくっての撮影ですので画質が荒いですが桜の持つ妖艶さが
際立ったように思えるのは気のせいでしょうか。


梅1.JPG 梅2.JPG

170329-124043000_R.JPG 170329-124004004_R.JPG
上の4枚は弊社から少々歩いた場所にある桜と梅となります。
ハッキリいって畑の片隅、一般住宅に植えられているもので「魅せる」ための演出は皆無です。
電柱なんかありますからw

その代り自分の他に誰もいませんので心置きなく鑑賞できます。

しかし桜の妖艶さと比較して梅は実に控えめですね。




この辺にしておきます。
実際はこれの何倍も撮影していることはいうまでもありませんw

最近は風の強い日もありましたから今週末がピークでしょうか。




ピークと言えば弊社も今がそうなのでしょう。
花粉症でツラそうなスタッフもおりますが、皆いいものを納品する為に連日制作作業に勤しんでおります。


会社は繁忙期というものは不可欠です。
オズアート一同、安全第一で頑張っていきますexclamation


株式会社オズアート
posted by Ryosuke Okabe at 19:17| Comment(0) | 日記

2018年02月19日

Wonder Festival 2018 Winter

昨日は恒例のイベント、ワンダーフェスティバル2018冬に行って参りました。
入口.JPG
良い天気に恵まれましたが寒い日でしたのでコスプレイヤーの方々は寒かったのではないでしょうか?

プレデターコス1.JPG プレデターコス2.JPG
暖かそうな方もいました…て凄いクオリティのプレデターですねexclamation
これだけでも凄いのにマスクを取ってもちゃんと「あの顔」になっているばかりか、声もあの声でしたexclamation

ギャン.JPG
有名な方ですね。
モビルスーツのコスプレとは…因みにお隣にはリック・ドムがいましたw

今回はお取引先へのご挨拶の目的もありましたが、古い友人がコスプレイヤーで出ているとのことでしたので行ったこともあります。
ここで友人の写真は掲載しませんが、相変わらずのマニアックなネタでオジさん方にウケてました。
また会いましょう〜

ケルベロス.JPG
不気味な存在感で会場を練り歩く地獄の番犬な方々。
お話させていただきましたが、声質がまた「あの声」になっていてビックリですあせあせ(飛び散る汗)


ここからは会場内となります。
ざっと行きます!

潜水服1.JPG 潜水服2.JPG
レトロな潜水服のフィギュアを集めていたブース。
かなりマニアックなネタではありますが、造形の確かさとスチームパンクの香りもする独特の形状で人を集めていました。

ラビドリードッグ1.JPG  ラビドリードッグ2.JPG
ボトムズはどうしても寄っていってしまいます。
ラビドリードッグは異端の香りがします…。


マシーネン.JPG マシーネン フィギュア2.JPG
マシーネンクリーガーは永遠のカッコよさがあります。


ゴジラ.JPG
ゴジラはアニメもあるのですね。
勉強不足ですいませんあせあせ(飛び散る汗)

ワンダーウーマン.JPG
ド迫力なワンダーウーマンでした。
後ろの壁と比較していただけると大きさがわかるかと思います。

アーカード.JPG アーカード2.JPG アーカード3.JPG
個人的に好きな作品である「HELLSING]からアーカード様です。
拘束制御術式を解放した姿をモデル化しています。
シャープなタッチのアーカードとアブストラクトな表現のウォードッグ部分が対照的な造形で心を奪われてしまいました。

これは何枚写真を撮ったかわかりませんw
因みに世界限定200体です!とお姉さんがお知らせしていました。

デビルマンvアモン.JPG
こちらのメーカーさんはどれも好みな雰囲気でしたね。
こちらはデビルマンVSアモンです!


鬼灯の冷徹1.JPG 鬼灯の冷徹2.JPG
私は知らなかったのですが「鬼灯の冷徹」という作品に出てくる座敷童とのことです。
いつもながらの超絶ディティールもさることながら、セットも実に凝っています。
思い入れたっぷり、これはいい作品になります。


デビルココ.JPG デビルココ1.JPG
こちらは実にスタイリッシュな造形ですね〜
物凄く制作に手間がかかっていることは一目瞭然です。
完成が楽しみです。


歌舞伎役者.JPG
こちらはなんと役者さんをスキャンし、3Dプリントして仕上げたという事ですexclamation
表面の細かな凸凹が逆に人の手では表現できない感じでした。
こんなことができる時代なんですね、ウカウカしてられません。


雨ノ宮くんの作品.JPG 雨ノ宮くんのアクセサリー.JPG
こちらは学生時代の友人の作品です。
学年が違っていたので卒業後は会っていませんでしたが、前回のワンダーフェスティバルで20年?ぶりに再会したのでした。
彼は非凡な才能とキャラクターで学内では知れた存在でした。
今は本業をやりつつ作品作りに明け暮れているようです。

山崎さんの作品.JPG
こちらは一緒にやっている方の作品です。
どの作品も独特のユーモアがあり、そして凄い作り込みでした。
高め合える友人関係っていいですね。
これからの2人の活動に期待します!



…これぐらいにしておきましょうか。
一回イベントに行くと100枚以上は撮影していますのでとても紹介しきれませんし、それでも会場全体からすると1パーセントにも満たないわけです。
世の中クリエイター活動をしている方は大勢いるんだと改めて思います。

我々は自分の好きなものを好きなように制作しているわけではありません。
クライアント様の理想に少しでも近づけるように職人技と美的センスを擦り合わせて物を作っています。

しかしイベントに来ると各人の真摯な姿勢には学ぶものがあります。
技術の未熟さがあったとしても情熱で魅せるものもありました。

採算度外視、これは業務では難しいことではありますが時には必要なことだと思えました。
それは後に繋がっていく行動だと思うのです。

このイベントは来るたびに色々学べますが、同時に戦慄を覚えます。
我々も日々精進していきたいと思いましたね。

キャンギャル1.JPG
それではまたお会いしましょう。


株式会社オズアート
posted by Ryosuke Okabe at 20:20| Comment(0) | 日記