2018年01月21日

岡村光哲 彫刻展 −呼吸する形ー

昨日は銀座にありますギャラリーオカベで行われていた(昨日が最終日でした)「岡村光哲 彫刻展−呼吸する形ー」を見て参りました。

岡村さんは弊社内で制作しきれない金属加工物を制作していただいている方です。
造形制作と金属加工の両方に非常に長けている方ですので、弊社としてはとても有難い存在です。

個展を行われる際は私は足を運ばせていただいておりますが、制作物としての完成度の高さとは裏腹な癒されるような形態にいつも見入ってしまいます。

170119-135054002_R.JPG
170119-135012001_R.JPG
正に呼吸しているようです。

全景1.JPG

全景2.JPG
揺蕩うような形状です。

俯瞰.JPG
俯瞰1.JPG

岡村さんの作品の魅力一つに「距離」があります。
隙間1.JPG

隙間2.JPG
会話しているかのような、絶妙な距離です。

170119-140657013_R.JPG
見れば使用している材料は硬い印象になりがちなステンレスですが、素材を意識させない実に有機的な形状です。

ZORO.JPG
ZORO俯瞰.JPG
岡村さんのユーモア感覚が垣間見れるお馴染みの作品もあります。
非常にシャープでミニマルな要素によって構成された形状ですが躍動感があります。
「彫刻」なのだと改めて思います。

海 俯瞰.JPG

海 側面.JPG
今回は珍しく鋳造による作品が展示されておりました。
海を切り取ったような形状がスッと心に入ります。

月.JPG
「月」
個人的にはこちらの作品が特に良かったです。
削ぎ落とされた形状は「和」を感じさせます。

しかしどれも緻密なフィニッシュですね〜。

如何でしたか?
岡村さんの作品は各地にモニュメントとしても設置されています。
近所では国立の大学通りにありますかね。
あそこは他にも様々な作品が展示してあり散歩がてら見ると良いかと思います。

日々の業務では所謂芸術作品に関わることはほぼないといっていい、弊社ですがこの仕事は間違えなく
芸者術的なセンス、ひらめきも必要と考えます。
私も日々研鑽を重ねセンスを磨いていきたいです。

岡村さん、個展の方お疲れ様でした。
弊社のお仕事の方もよろしくお願い致します!

株式会社オズアート
http://www.oz-art.co.jp/
posted by Ryosuke Okabe at 17:19| Comment(0) | 展覧会

2018年01月14日

東京オートサロン2018

昨日のお話となりますが幕張メッセで開催されていたイベント「東京オートサロン2018」に行って参りました。

過去に一回行ったことがあるだけですが、個人的には東京モーターショーより好みの祭典です。
全体.JPG
階段上より全体を撮影しましたが、これだけで派手な車が目白押しなのがわかると思いますw

ウラカン.JPG
ランボルギーニ・ウラカンはライムグリーンが似合います。
ここはROHANAというホイールメーカーのブースです。
とにかくゴージャスなイメージを打ち出したメーカーでこのような方も!↓
ROHANA GAL.JPG
やはりブロンドの方はインパクトあります。

チャレンジャー1.JPG
チャレンジャー2.JPG
チャレンジャー3.JPG
個人的に大好きなダッジ・チャレンジャーも多数出展されていましたが、こちらのものが特に惹かれました。
チャレンジャーはいつか欲しいですね。
かっての名車を現代の基準で蘇らせる手法はアメリカ車は成功していると思います。
国産もこういうコンセプトで作らないですかね〜バイクは最近Z1イメージのZ900RSが発売され
予約完売と聞いています。
車離れが叫ばれていますが、それでもカッコいいものは売れますので!

ベントレー.JPG
妖しさ満点のベントレー。
カラーはラッピングでしょうかね?

スワロ.JPG
凄まじい手間であったであろうランボルギーニw
眩しいです!

街道レーサー1.JPG
街道レーサー2.JPG
街道レーサーが出展してくるのがオートサロンの面白いところでもあると思います。
俗にいう竹やり、出っ歯のクレスタです!
自分が乗るとは思いませんが、嫌いじゃないですw

ラフヴェルト コンパニオン.JPG
可愛い彼女達が乗っているのは…。
ラフヴェルト3.JPG
ラフ・ヴェルト ベグリッフのポルシェではありませんか!
ラフヴェルト2.JPG

ラフヴェルト1.JPG
今や世界に羽ばたいている日本発のチューナーです。
個人的にポルシェはあまり興味がなかったのですが、ここのポルシェを見てポルシェもいいなぁなんて思ってしまいました。

世界に羽ばたくといえば…こちらも出展しておりました。
マセラティ.JPG
街道レーサーの専売特許、ビス留めオーバーフェンダーでハイエンドカーをぶった切るリバティウォークさんです。
因みにこちらはマセラティあせあせ(飛び散る汗)リバティウォーク ブース.JPG

リバティウォーク.JPG
なんと名車中の名車、ランボルギーニ・ミウラです!
超絶に低い車高がインパクトあり過ぎです。
タイヤが見事にハの字をきっていますw
得てしてカスタムカーは売却する際の査定額が落ちるなんていいますが、こちらでチューンしたものは価値が
上がるでしょうね。

外野から色々ブーイングがあったかと思いますが、徹底的にやり切ったことでブランドになりました。
時にはそういう事も必要なのでしょう。考えさせられます。

R8.JPG
アウディは以前より惹かれないメーカーであったのですが、TTクーペを出した辺りからのアウディは突き抜けていると思います!
詳細は知りませんが社内で何か変革があったのでしょうか。
こちらのR8なんてスマートでありながら、野獣の香りがします。

…なんか撮影する車種に大いに偏りがある気がしますがwこの辺にしておきましょうか。
買える買えないは別として私は車には夢を見たいのです。
上にあげたような生活感のない車、買えるようにお仕事頑張ります。

明日から連休などもなく通常通りの業務進行になりますかね。
弊社も徐々に大型物件のご相談をいただいております。
お客様全員にご満足いただける製品を制作していくべく社をあげて頑張っていきます。
弊社が「ブランド」になるように。


aym.JPG
それでは!

株式会社オズアート
http://www.oz-art.co.jp/
posted by Ryosuke Okabe at 19:10| Comment(0) | MOTOR PHYCHO

2018年01月10日

DINO−A−LIVE

代表の岡部です。
社長ブログ2回目、今回は私の定番スタイルであるイベントレポートとなります。

先週の日曜日の話となりますが、所沢くすのきホールで開催されておりましたイベント
「DINO-A-LIVE」を見て参りました!
http://www.dino-a-live.jp/

動画で見て興味はあったのですが、中々見る機会に恵まれませんでした。
…がこのたびあるきっかけがあり今回の初見となりました。
入口.JPG
入口付近です。
ご家族で見に来ている方が殆どでしょうか?

恐竜は私の幼少期にブームがあり、弊社先代も恐竜造形を沢山制作しておりました。
それを見ていたせいか私も恐竜展、化石展などよく足を運んだものです。
あの頃の肉食恐竜達は皆「立って」いましたよね。(ゴジラ型)
始まる前.JPG
開演前ですが既にフクイラプトルの骨格模型と撮影する方々で会場内の熱気がジワジワと上がってきている
感じです。
時計.JPG
こちらの時計が鍵となるのです…。
客参加.JPG
ショーは完全に制御されたエンターテイメントとなっており、アクターさん達の息もピッタリです。
ピッタリでないと危ない部分も出てきましたからね。

フクイラプトル1.JPG


出ました!フクイラプトルです。
動きは自由自在です。客席までどんどん入って行ってしまいます。
フクイラプトル2.JPG

フクイラプトルアップ.JPG
この臨場感がこちらのショーの最大の特徴かと思います。
こういってはなんですがどういう構造なの?って感じです。
ステゴサウルス登場.JPG

ステゴサウルスアップ.JPG
ステゴサウルズも出てきました!
トリケラトプスと並び草食系恐竜のヒーロー的存在でしょうか。
ステゴサウルス撮影.JPG
大人しい気性故撮影タイムも難なくこなしますw
この人気!

ティラノサウルスの登場〜そして登場した恐竜全てが雪崩れ込み会場内が更に沸きます。
クライマックス2.JPG
170107-111329000_R.JPG
ティラノサウルスアップ.JPG
大きな頭部に似合わぬ華奢な前肢が恐竜時代の末期を暗示させます。
こいつは滅びの美学を感じる恐竜だと思います。

アロサウルス ステゴサウルス.JPG
クライマックス3.JPG

クライマックス1.JPG

エンディング.JPG
観客も参加でパワーを送り全ての恐竜がそれぞれの時代に戻っていきます。
ここに至るまでのアクターさん達の熱演には痺れました。
やはりプロフェッショナルとは凄い存在です。

一応脚本はお子様向けにはしていますが、大人も十二分に楽しめる一級のものでした。

今までありそうでなかったライブ感溢れる恐竜ショー、皆さんも恐竜達に会いに行ってみませんか?


新年になりこれから恒例の繁忙期を迎えようとしている弊社です。
スタッフ一同安全に留意し、お客様に良いものをお届けできるよう制作していきます。

株式会社オズアート
http://www.oz-art.co.jp/
posted by Ryosuke Okabe at 15:34| Comment(0) | イベント