2019年05月12日

BONE MUSIC展  僕らはレコードを聴きたかった

入口からスタイリッシュ!


IMGP5076_R.jpg

昨日行ってきたBONE MUSIC展がとっても良かったのでレポートします!

BONE MUSICとは…

IMGP5079_R.JPG

冷戦下のソビエト連邦で思想的な理由から検閲対象となっていた音楽を聴くために、アンダーグラウンドで製造されていた海賊版レコードの事。
その際に当時大量に破棄されていたレントゲン写真に音楽を刻み込んでいたことからこの名で呼ばれる。

欧米のロックンロール、ジャズなんかは国民を堕落させる音楽との判断だったんだろう。

IMGP5090_R.JPG

IMGP5084_R.JPG

IMGP5094_R.jpg
KGBによる逮捕、拘留(当時のブートレガーによる映像あり)を乗り越えて制作された無数のボーンレコード達は思想的背景を無意味とするくらい美しい。
マテリアルとして美しい。
2枚目なんかジャーマンプログレバンド、ファウストの1stジャケットみたいじゃないか!

IMGP5098_R.jpg
手製のカッティングマシーンの無機質さに萌える。

IMGP5105_R.jpg
ブートレガーの部屋を再現
全ての備品を当時のソビエト連邦製で構成しているらしい…

音楽を聴きたい、それを皆にも聴かせたいという執念が渦巻いていたことだろう。

映像中のブートレガーは言っていた。
金のためじゃない、文化を広めたかったと。

それは当時のソビエトではその思想自体がアウト。
好きな音楽を聴くことは自由への一歩だったんだろう。

IMGP5111_R.jpg

IMGP5112_R.jpg
レントゲン写真を見る展示なためw照明は暗め…だがそれが最高。


レコードの展覧会ではあるが展示物を見せる構成。
しかしレコード自体が存在感があり充分魅せられた。


あまりに良かったので帰りがけにTシャツとステッカーセットを買っちゃったw


今や手軽に配信サービスで音楽が買える時代である。
個人的にはどうもデータのみの音楽というのは馴染めなくて今までほぼ買ったことがない。
買った時も手に入れた!という感動がなかった。
そういう意味ではネット通販でほいっと買えちゃうCDも感動は薄いんだが…。



まぁ人感じ方はそれぞれですけどね。
適当にバランス取って生きていきましょうw


株式会社オズアート

posted by Ryosuke Okabe at 18:03| Comment(0) | 展覧会

2019年05月04日

プラレール博 in TOKYO

今日は(昨日になっちゃいましたね)池袋サンシャインシティで開催中の「プラレール博 in TOKYO」に行って参りました。

もう私は10年以上は足を運んでるかなー?
とにかく大人気のコンテンツで毎年長蛇の列が展開されているのです。


そこで今年は遅めの時間に足を運んでみた次第。
お子様連れがほとんどなので混むのは午前中〜3時位まで?(最終入場は4時)と踏んで向かったところ…。

IMGP4846_R.jpg
だいぶ空いていた!…のだけど気を付ける点がありますよ。
最終入場は4時でCLOSEが16時半ですので遊びきれないのです!
1人で写真を撮るだけの私でも駆け足気味で見ることになってしまったあせあせ(飛び散る汗)
ボリュームあるから。

というわけでお子様のためにもご家族連れは早く会場入りしましょうw
グッズも買えなくなるよー。

IMGP4773_R.jpg

IMGP4759_R.jpg
ターンテーブル上には初代プラレールの造形物が展示されていました。
現代の目で見るとインテリアにも映えそうな好デザイン。

ゆっくりとはいえ回転しているものを撮るのは何気に難しいあせあせ(飛び散る汗)
(ブレる…こんなとこでストロボ焚けないし)

IMGP4789_R.JPG

IMGP4816_R.JPG

IMGP4803_R.jpg
プラレール博史上最大のトンネル!くぐりたかった!
(混んでいたので断念 ご家族連れ優先)

IMGP4819_R.JPG

IMGP4822_R.JPG

IMGP4823_R.JPG
ボルダー!マニアック!
汽車族、電車族ではないのに名前があり、そして意思がある。
ゴロゴロ転がってトーマス達を追い詰める意地悪な奴。


こちらも劇中同様、回転しながらトーマスを追いかける!トーマスは逃げる!
このゲームやってみたかったなぁ。
(混んでいたので断念 ちびっ子優先)


IMGP4830_R.jpg

IMGP4840_R.jpg

駆け足過ぎた!
もう少しゆっくり見たかったというのが本音。
写真は撮りやすかったけれど…。


でも連日大盛況であればそれでいいのです。


今月6日まで開催中です!
時間には余裕を持って行きましょうねw


株式会社オズアート

posted by Ryosuke Okabe at 00:38| Comment(0) | イベント

2019年05月03日

翔んで埼玉

今更ではありますが「翔んで埼玉」を昨夜観て来たのです!

所沢市に社屋があり、所沢市在住の自分としては観ない訳にはいかないでしょう。
IMGP4752_R.jpg

「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」

「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」


魔夜峰央先生…w

原作が発売されたのは1982年、「ディスる」という言葉がない時代にこの感覚を自然に持っていたのでしょう。
BLなんて言葉がない時代にその感覚を持ち合わせていたし…やはり常人ではない。
(その頃の自分はパタリロ!を無邪気に観てましたw)


作品としてはかなり楽しめた。
馬鹿馬鹿しいネタを力一杯手間と予算をかけ(セット細かすぎ!)、じっくり制作している。
よくある「原作読んでるのか?」みたいな愛が感じられない、クズな実写版とは一線を画す出来となっている。

これは制作に関わった人達は楽しかったと思うなぁ。


商売としてのものづくりって色々なしがらみが絡むことは否定しない。
それでも限られた制約の中で最高のものを制作したいと思う。
その点「翔んで埼玉」は各クリエイター(俳優含み)がしのぎを削った感がある。

我々もものづくりに関わる者としてこの感覚は大事にしたいと思った。


もう上映は終了に近づいているけど…おススメします!


株式会社オズアート

続きを読む
posted by Ryosuke Okabe at 11:42| Comment(0) | 日記