2019年09月15日

TOKYO GAME SHOW 2019

昨日は東京ゲームショウ2019に行って参りました。
だいぶ涼しくなったので積極的に外出したいですね。

IMGP7748_0760_R.jpg
正直ゲームはもう20年位やっていないのですが、職業柄この手のイベントは見ておきたいと。
イベントの「今」が見えますから。

IMGP7759_0762_R.jpg
ヒーあせあせ(飛び散る汗)暗い!
ゲームを際立たせるためかゲームショウの会場内は照明がかなり落とし気味です。
写真好きには厳しい環境…。

IMGP7768_0765_R.jpg
早速造形物発見!
制作は知っている業者さんでした。
禍々しいオーラを周囲に放っておりました。

IMGP7785_0772_R.jpg
イベントにはコンパニオン的な女性がつきものですが中にはこんな演出も。
ガヤガヤした会場で優雅に舞う姿が印象に残る。

IMGP7797_0778_R.jpg
室内は暗いもの、ましてはゲームショウ。
しかし大人げなくクリップオンストロボ持参なので何とか撮れる。
ゲームをやらない私はこちらが目的です
可愛いですね〜

IMGP7804_0783_R.jpg
造形物の制作レベルがどんどん上がっているのを実感。
しかしガンダムって今はこういう形態なんだね!
個人的にはこういう装飾性の強い、兵器感が薄いやつはいまいち興味が沸かない…昭和産まれだから?w


IMGP7809_0785_R.jpg

IMGP7811_0786_R.jpg

IMGP7829_0789_R.jpg
CAPCOMブースには度肝を抜く造形が!!!!!!
モンスターハンターアイスボーンに登場するモンスターだそう。

これは…簡単ではない。
制作方法などをあれこれ考えてしますが、とにかく仕事量が半端ではない。

IMGP7834_0790_R.jpg

IMGP7838_0793_R.jpg
すぐ隣にはこんな凄いやつも!
ディティール細かい!
こういう造形を見ると造形でしか表現できない展示ってある!と確信する。

こちらのブースは人垣が何重にもなり撮影するためには覚悟がいる…。
その原因の内、大きな要素を占めているのが…。

IMGP7851_0805_R.jpg

IMGP7857_0811_R.jpg
この方!
完璧なコスプレとこの愛らしいキャラクター、これでは巨大モンスターも敵わない?w

場内は暑かったんだけど、この暑そうな衣装でも終始笑顔。
いやいや盛り上がりました。

造形+女の子で行きましょう!

IMGP7913_0849_R.jpg
マリオよりソニックが好き。
以前はソニック・ザ・ヘッジホッグ、かなりやった!
スピード感が心地よかった。
マリオは…自分には難しいw
(マリオカートは好き)

IMGP7923_0852_R.jpg
あまりいい写真が撮れなかったけど、こちらも良かった!
ペルソナに出て来るみたい。
ペルソナはやったことはないけれどサントラが心地よいのは知っています。

IMGP7890_0831_R.jpg
俳優のキアヌ・リーヴスがゲーム中に登場することで話題の「cyberpunk 2077」の紹介ブース。
ビジネスデーの際にはキアヌ本人が来場したとか!
キアヌファンとしては是非見たかった!

因みにキアヌ・リーヴス主演の映画「ジョン・ウィック」シリーズは大好きで何度も観てるw

IMGP7883_0830_R.jpg
こちらが来場時にキアヌ・リーヴスが跨ったバイク。
彼はバイク大好きだもんね。

IMGP7881_0829_R.jpg

IMGP7873_0821_R.jpg
皆さん、実に綺麗です。


IMGP7892_0833_R.jpg

IMGP7861_0815_R.jpg

IMGP7901_0841_R.jpg
最後はアド街ック天国のコーナーみたいになっちゃったあせあせ(飛び散る汗)


ゲームをやりません故お許し下さい。
でもゲームってたまにやりたくなる時がありますねー。

誰かの家でやらせていただく位が今はいいのでしょう。



今回も色々勉強になりました。
日々学習していないと置いて行かれますね。

今後もこの手のイベントには参加していこうと思います。


株式会社オズアート
続きを読む
posted by Ryosuke Okabe at 13:14| Comment(0) | 日記

2019年09月13日

岡部文明2019展

昨日は午後より横浜赤レンガ倉庫の方に行っておりました。

本日より開催の展覧会、「岡部文明2019展」の内覧会、及びオープニングだったのです。


岡部文明2019展


こちらはラグビーワールドカップ2019組織委員会、日本ラグビーフットボール協会、神奈川新聞社など数多くの組織が後援となっている展覧会となります。

岡部文明さんは学生時代ラグビーの練習中に負傷し手足の自由を失った、とあります。
そこからさまざまな出来事があり、画家の道を志すようになり現在に至ります。

私が初めてお会いしたのは何年前になりますでしょうか…。
以前より岡部文明さんと親交のあった弊社会長より勧められ、個展会場に足を運んだのが最初でした。

そして昨日久々にお会いした訳ですがハンディキャップを感じさせない、精気溢れる印象を変わらず纏っていらっしゃいました。
そして力は己の自己表現、絵画制作に遺憾なく注がれています。

R0041475_0735_R.JPG


R0041490_0749_R.JPG


R0041493_0751_R.JPG


R0041499_0755_R.JPG

1973年から現在に至るまでの作品が展示されておりますがまずその量、作品の密度に圧倒されます。
大小合わせて≒200点、画風も画材も様々です。
そのバイタリティーには只々敬服します…

そしてそこには一貫したテーマとして「ピエロ」があります。

R0041498_0754_R.JPG


R0041500_0756_R.JPG


R0041486_0745_R.JPG
今回は初の試みとして立体作品も発表されました。

R0041487_0746_R.jpg

R0041484_0743_R.JPG

R0041488_0747_R.JPG

ユーモラスな中にどこか悲哀を感じるピエロという存在…。


この日は内覧会、オープニングという事で関係者のみ入場可能だったわけですが、顔ぶれは豪華なものでした。
往年の名ラグビー選手はもとより、元総理大臣のあの方も姿を見せておりましたね。

印象的だったのはラグビー経験者であろう体格の良い方々と、美術関係者だろうなぁと思われる方々(?)が両方出席していたことです。
これは岡部文明さんのスタンスを表していると思います。

体育会と美術は相いれないものと思われがちですが、この日の主役である岡部文明さんは双方吸収しておられる方です。
ラグビー精神で絵を描いているのを感じます。



掲載写真はごく一部です。
会場には様々な表情のピエロが皆様を待っております。


ぜひ横浜赤レンガ倉庫に足を運んでみてください。
もう涼しくなって来ましたし!


株式会社オズアート

posted by Ryosuke Okabe at 17:33| Comment(0) | 展覧会

2019年09月02日

横山宏のマシーネンクリーガー展 〜立体造形でみせる空想世界〜

朝夕は幾分涼しくなって参りましたか。
「今年は夏が短かった」なんて残念がる方がおりますが、暑いのがとても苦手(というか嫌い)な私は短くていい!って感じです。

昨日も実に蒸し暑い日でしたが行って参りました。
(昨日は展示最終日)

マシーネンクリーガー展02702320190902183700_001_R.jpg
※フライヤーをスキャンしました

正直マシーネンクリーガーの世界観が好きなだけで細かい設定、ストーリーは知らないのです。
ただリアルタイムで連載を読み、プラモデルを見ていた元模型少年は今だって気になるわけです。

R0041416_0693_R.jpg
当時の広告。
最初は「SF3D]っていうシリーズでした。
反射が酷い写真だけどスタイリッシュな広告であることはわかるでしょう?


R0041421_0698_R.jpg

R0041418_0695_R.jpg

R0041422_0699_R.jpg
実在しているかのようなリアルなメカ群に痺れる…。
もはやスケールモデル的なオーラを放つ。

R0041424_0701_R.jpg

R0041427_0704_R.jpg
このメルジーネは1/6なのでド迫力!30cmくらいあった感じ。

R0041433_0709_R.jpg
ド迫力と言えばこちらのクレーテ。
愛知県の某有名カスタムショップ(主にバイク)の社長が制作したものでなんとオールスチール製!
ボディは実物のバイクの燃料タンクとのこと。
見ているだけで重さが感じられる作品でした。


R0041425_0702_R.jpg

R0041442_0714_R.jpg
横山先生は遊び心あるなぁw
因みに私、数年前の展示でプラモデルにサインしていただいた上に、一緒に写真を撮らせていただいた事があります!
明るく、とても気さくな方でいい意味で期待を裏切られましたw


R0041449_0719_R.jpg
静かだが熱い眼差しが交差する展示室。
シャッター音がそこかしこで鳴り響く…。


R0041465_0728_R.jpg
もはや侘び寂びの境地…。
男のロマンと言わせていただきます。



実に眼福な展示でございました。


株式会社オズアート

続きを読む
posted by Ryosuke Okabe at 19:59| Comment(0) | 日記