2018年09月10日

フジコ・ヘミングの時間

ご無沙汰しております。
久しぶりの更新となってしまいました。

久しぶりのブログは先週観た映画のお話をしましょうか。


「フジコ・ヘミングの時間」

最近好きな音楽はクラシックです。
十代より今まで、ひたすら喧しい音楽を聴いて参りましたがここに来てクラシック、とりわけピアノの音色に惹かれています。
(全くロックを聴かなくなってしまったので自分でも困惑していますが。)

そんな中で出会ったのがフジコ・ヘミングさんのピアノでした。
以前我が国で爆発的に流行った時期には、私は前述の喧しい音楽に浸っていたので存在も知らなかったのです。
もっとも知っていたとしても当時の私では聴かなかったでしょう。

そんな訳でクラシックは全くの門外漢である私ですが、彼女の弾くピアノは「何か違う」と感じましたね。
異端の香りとでもいいましょうか。

違和感を承知で表現しますと、ブルーズを感じるクラシックピアノ…歌っているかのような独特のタイム感での演奏スタイルはクラシックとしては泥臭いのかも…故に魂を揺さぶられる感覚がありました。

自然と涙腺が緩みました。

「これは凄い!」と衝動的に彼女のバイオグラフィ、ディスコグラフィを調べている過程でドキュメンタリー映画「フジコ・ヘミングの時間」を知った次第です。
今更ですが、それでも出会えてよかったです。


「魂のピアニスト」などと称される彼女ですが、オフで見せる彼女の姿は動物を愛するとてもチャーミングな女性でした。
いつの時代も彼女の心の拠り所であった猫たちに囲まれる彼女の穏やかな表情はとても微笑ましいものです。

しかしことピアノに関しては一切の妥協なく、ストイックに、そして真摯に向き合っておりました。
ピアノを始めた幼少期からの習慣を未だに続けているのです。
年齢を全く感じさせない気迫を感じました。


私は作家に対して芸術家という言葉を滅多に使わないのですが、彼女は芸術家という言葉が相応しいですね。


芸術とは単なる技術の継承ではないと思います。



今年の年末近くには彼女のコンサートを観に行くこととなりました。
衝動的にチケットを取ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

フジコ・ヘミングの時間_edited-1.jpg
※パンフレットです



そんな訳でフジコ・ヘミング初心者の私にはピッタリの素晴らしい映画でした。
もう一回観に行こうかなw


株式会社オズアート
続きを読む
posted by Ryosuke Okabe at 17:16| Comment(0) | 映画

2018年06月26日

第49回日燿会展

梅雨の長い中休みでしょうか。
ここのところ暑いですねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

今回は先週の19日から24日まで東村山公民館で行われていた展覧会の模様をお知らせします。

「第49回日燿会展」

日燿会とは弊社会長が長年在籍する主に絵画を主としたサークルで、毎週日曜日に公民館に集まりモデルさんを描くことを主活動としております。

こちらは所謂絵画教室ではなく、各人が独自に研鑽を重ねるという形式をとっています。
とはいえ絵を描く方が集まればお互い刺激は受けるでしょう。

現在会員を募集中との事でしたのでご興味がある方は弊社までお問合せください。

IMGP6884_R.JPG
49回です。歴史のある団体です。

IMGP6841_R.JPG

IMGP6843_R.JPG

IMGP6860_R.JPG
会場内となります。

IMGP6816_R.JPG
こちらの作品は実は私の学生時代の先輩が描かれています。
卒業後お会いしていませんでしたが、去年この展覧会を通じて再会しました!
何たる偶然!w

変わらぬ創作意欲に頭が下がります。

IMGP6812_R.JPG IMGP6852_R.JPG

IMGP6877_R.JPG IMGP6835_R.JPG

IMGP6874_R.JPG  IMGP6870_R.JPG
三者三様の表現があります。
こちらのトルソは粘土原型から石膏型取り〜石膏張り込みをし、さらに直付けによる詰めを行った
とのことです。
なかなか個人で石膏型取りを行うのは大変だと思います。
また来年もお会いしましょうね!


IMGP6848_R.JPG

IMGP6880_R.JPG

IMGP6882_R.JPG
今回の弊社会長は2点出品しておりましたが、まずはこちら!
制作途中の時点であちこちから「可愛い!」の言葉が出ていました。

各猫のユーモラスな表情と動き、そして全体としてみた時の絶妙なバランス感が作品を締めています。
どうも展示終了後はあちこちに嫁いでいくそうですw

IMGP6888_R.JPG  IMGP6851_R.JPG

もう一点はこちらです。
裸婦の台座になっているモチーフ、元ネタわかりますか?
※ヒント 国立○美○館

リラックスしたポーズと表情の女性と、モダンな建築との対比が面白いですね。


IMGP6855_R.JPG
距離を置いて見ても面白いですね。
ブレーメンの音楽隊のようです。



私は一応美術を志した人間ですが、現在は創作活動は行っておりません。
こうして皆さんの創作意欲が具現化したものを見ていると、続けられるだけで才能なのだと思います。

たまに弊社の制作した製品を「作品」と称する方がおりますが、私は違和感を感じます。

内から湧き上がるパーソナルなものではないという点が作品と製品は異なると思っています。
弊社の制作物はあくまでお客様のご希望を具現化した「製品」だと思っています。

でも実際に制作しているスタッフは作品の意識でやっているかもしれませんね。
またそういう面がないとエモーショナルなものはできないですかね。


現在弊社は夏休みに向けての製品制作で、多忙を極めています。
こうして弊社をご指名いただくお客様がいらっしゃることは大変ありがたいことです。


今後とも株式会社オズアートをよろしくお願い致します。

株式会社オズアート
www.oz-art.co.jp/
posted by Ryosuke Okabe at 09:12| Comment(0) | 展覧会

2018年06月09日

東京おもちゃショー2018

今日はいい天気になりましたね!

本日から一般公開となっておりますイベント「東京おもちゃショー2018」のBUYER′S DAYに行って参りましたので
軽くレポートさせていただきます。


おもちゃショーは毎年BUYER′S DAYに見に行っております。
一般公開日はお客様が沢山いらっしゃるようですから、写真が撮れないと思いましてあせあせ(飛び散る汗)

アンパンマン バイキンマン ドキンちゃん.JPG アンパンマン1.JPG


アンパンマン2.JPG アンパンマン3.JPG
あちこちでアンパンマンが出迎えてくれました!
声が聞こえてくるような、親しみが沸くポーズですね。


クラッピー1.JPG クラッピー2.JPG
これはウケましたw
拍手をしながらひたすらしゃべってます。
これは…家庭用ではない? まぁうちにあってもハッピーかもw

お客さん.JPG
なにしろBUYER′S DAYです。
業界の方々が沢山来場されているのでビッグクラッピーも注目度高かったです。


シルバニア1.JPG シルバニア2.JPG
世代を超えて愛されている名キャラクター、シルバニアファミリーです!
エポック社のオリジナルキャラクターでありますが、他の追従を許さない精度の高い玩具であります。
個人的にシルバニアファミリーは一目置いています。
アニメ作品などから派生したものではないため、流行り廃りとは無縁です。
淡々と精度を上げ、固定ファンに訴える姿勢はリスペクトです。


スライム サイン.JPG
最近の鬼太郎はスタイリッシュなんですねw
墓場感が薄いです。


スライム ねずみ男.JPG スライム ゲゲゲハウス.JPG
最近子供たちの間であの「スライム」が流行っているとか?
なんでも自分達でハンドメイドしているらしいのです。

私が子供の頃はバケツを模した容器に入っていてエスカレートしたヴァージョンでは蠅、指などが入ったグロいものもありました。

今どきの子供さんはそんなグロいものでは遊ばず、鬼太郎と爽やかにwコラボです。
スライム…不思議なものですね。、なんで今リバイバル?w
デジタルコンテンツだけでは物足りない何かがここにある気がします。

ハロ1.JPG ハロアップ.JPG
ガンダム世代には堪らない!
激闘の戦場を生き残った癒し系ロボ、ハロがこの世に誕生しました!
私の世代が飛びつきそうですw 
…というか最近私の世代に向けているような玩具が目立ってませんか?


ゾイド1.JPG  ゾイド2.JPG
ゾイドも歴史ありますね〜
いつからあるのでしょうか?変わらぬリリースには頭が下がります…が個人的には興味はないんですw



聖闘士星矢 1.JPG 聖闘士星矢 2.JPG
おお聖闘士星矢!
連載開始当時から知っております…がこちらも私は興味はないんですw
ただ仕事柄造形物として見てしまうのです。
銀鏡塗装でしょうか?銀鏡塗装は下地が気を遣うんです。
いい出来だと思いましたね。


木のおうち.JPG
癒し系にして、孤高の存在である「木のおうち」です。
こちらシルバニアファミリーと同様、独自の世界観を築きあげ世代を超えて愛されています。
基本的にリリース当初と構造も変わっていない様子です。

やっぱり小さいお子さんは直接手で触って遊びたいですよね。


だいぶ写真に偏りはありますが以上となります。

私は玩具を制作することを生業にしているわけではありませんが、その時の玩具のトレンドを見れば業界の次が見えてくる気がするのです。

これからもおもちゃショーには足を運んでいきたいと思います。


弊社の業務の方は夏オープンするイベント、施設に向けての制作物が詰まって来ております。
梅雨入りし、体調を崩しやすい季節ではありますがスタッフ一同頑張って参ります!


株式会社オズアート
posted by Ryosuke Okabe at 12:10| Comment(0) | イベント